東海大学大学院 健康科学研究科 保健福祉学専攻

TOP お問い合わせ アクセスマップ ご利用案内 リンク サイトマップ
研究科紹介

ご案内
専攻紹介
カリキュラム
教員紹介
教員の社会活動
学費・奨学金
修了後の進路
最近の修士論文テーマ

入試情報
入学試験
資料請求

Voice
在学生からのメッセージ
修了生からのメッセージ

看護学専攻

東海大学 健康科学部


学生の声 Voice

 
東海大学健康科学部の社会福祉学科を卒業後、社会福祉士として保健医療分野のソーシャルワークを実践していました。しかし、在院日数など退院援助に追われてしまい、バーンアウトを体験しました。この経験から、医療ソーシャルワーカーのおかれた職場環境について調査・研究をしたいと考えるようになり、大学院への進学へとつながりました。大学院在学中は、「医療ソーシャルワーカーのバーンアウト予防策の検討〜問題解決行動、職場外サポートおよび研修充実度の抑制効果〜」というテーマに基づき、調査・研究の方法などを実践的に学ぶことができました。
大学院卒業後も医療ソーシャルワーカーとして働くとともに、「研修の充実」がバーンアウト予防策に有効であることから、神奈川県医療社会事業協会の新人研修の運営委員として活動し、仲間づくりの場としても活用しています。今後は、在学中に培ったスキルを活かし、個別援助における課題をソーシャルリサーチして、アクションに結び付けられる技量をもったソーシャルワーカーを目標に、さらに次世代の医療ソーシャルワーカーの育成にも携われるよう、これからも地道に努めていきたいと思っています。


現在、目白大学人間学部人間福祉学科で助教として、学生の実習を支援するための業務や実習指導、演習などの授業科目を担当しています。当初、教員の仕事には戸惑いがありましたが、現場実習などで少しずつ成長していく学生達を見ていると大きなやりがいを感じます。就職してから早4年が過ぎ、1年次の時から指導してきた学生達をプロフェッショナルとして福祉の現場へと送り出すことができ、優秀な人材を社会に輩出する醍醐味を経験しましたが、教育者としてはまだまだこれからと身が引き締まる思いです。今後も、日々学生と共に成長しながら、歩んでいくつもりです。
介護職員として福祉の道に入った私でしたが、最初は気持ちだけが先行し、自分の力量・知識に不足を感じながら業務に従事していました。しかし、東海大学大学院健康科学研究科の保健福祉学専攻に入ったことが一つの契機となり、幅広い知識や経験を積みながら自分を活かす機会を多く与えてもらったと実感しています。指導教官や多くの先生方、ともに学んだ同期の院生のみなさんに感謝しています。


私は現在、済生会横浜市東部病院・医療連携センターで退院調整看護師をしています。近年、高齢化などの社会的背景から、医療は病院の機能分化とともに、地域完結型医療が推進されています。そこで、新たな看護領域として、退院調整を専任で行う看護師が注目されてきました。私がこの業務を担えたのは、保健福祉学専攻での学びがあったからといえます。生命を守ることが最大目標であった看護師の経験から常に対象者に対して予測的な思考回路をもつ私に、生活者である対象者自身のエンパワーメントの視点を加えることを教えてくれました。
対象となる方には、介護保険制度や自立支援法など医療保険制度と共に必要な社会制度がありますが、このような制度を有効に使うためには適切な情報提供や、多職種間の協働が必要です。保健福祉学専攻での学びは知識習得にとどまらずに、ネットワーク作りにも役立ち、共に学んだ学友と仕事通じて出会うこともあります。退院調整看護師は、まさに看護と保健福祉学を学んだ私にとってやりがいのある業務です。課題も多く日々試行錯誤しながらですが、対象者を支えていきたいと思います。


現在、私は56歳です。東海大学大学院健康科学研究科保健福祉学専攻を卒業して5年になります。
大学院を卒業後は、神奈川県社会福祉事業団の研修センターで研修の企画・実施・評価に関する仕事や福祉専門学校で講師の仕事をしています。
実は、私が福祉の世界に入ったのは11年前。大学を卒業後、しばらく小学校の教員をしていましたが、夫が起業したのをきっかけに退職して夫の仕事をサポートするようになり、やがて会社が軌道に乗り専業主婦として家族を支えていました。しかし45歳頃、娘たちが高校・大学と進み将来の夢に胸を膨らませている姿をみて、「私はこのまま終わっていいのか?」という疑問が体の底から湧き上がってきました。当時、介護保険制度が始まり、介護を担う専門職である介護福祉士が注目されていました。「私が求めていたのはこれだ!」と、1年間専門学校に通い介護福祉士の資格を取得しました。
卒業後、特別養護老人ホームのデイサービスで働き始めました。利用者の皆さんから学ぶことも多く、「よりよい介護ができる人材を育てたい」という気持ちが高まり、東海大学健康科学部の社会福祉学科の3年生に編入、さらに大学院へと進んだのです。この間に社会福祉士・精神保健福祉士の資格を取得しました。東海大学を選んだのは、伊勢原キャンパスは、社会福祉学科・看護学科・医学科と3学科があり、規模や大きさ、学生や先生の雰囲気が良かったことと、次女が看護学科に在籍していたのが理由です。
今、私が目指していた仕事に就けたのは、私に教え、相談にのり、導いてくださった多くの先生方のおかげだと思っています。もちろん家族には一番感謝しています。今年、介護専任教員の研修(300時間)が終了しました。長い人生、これからも常に学ぶ姿勢を持ち続けていきたいと思っています。


私は聴覚障害があります。学部時代に聴覚障害のある学生を支えるシステムを構築するさまざまな実践を行ってきました。その実践の中でノートテイク等の情報保障だけでは解決できない問題もあると気がつき、そのことが大学院進学の契機となりました。修士論文研究では、高等教育を受ける聴覚障害学生約80名を対象にして、彼らが直面している課題やニーズを明らかにし、今後の支援の方向性について検討しました。
卒業後は、アメリカのロチェスター工科大学(NTID)に留学し、大学院研修生として、障害学生の高等教育を支える制度や法律、また障害学生に対するソーシャルワーカーの役割について学んできました。
現在は、愛媛大学の障害学生支援コーディネーターとして働いています。日本の未来を担う若者達が自分の障害を受容し、社会で生き抜く力を身につける支援を行うときに、保健福祉学専攻で学んだ専門知識がおおいに役立っていると実感しています。


私は49歳でALSを発症し車椅子や呼吸器の装着が必要です。障害者福祉や患者会の活動に取り組んできましたが、59歳の時に介護を受ける立場から「介護論」 を研究しようと志し、保健福祉学専攻に入学しました。
初めての登校日、「チーム佐々木(妻、ヘルパー、運転手と私)」に特別に用意された控え室(研究室)で大学院生活が始まりました。大学病院の高度救命救急センターから、医師、技師、看護師が来られ、「何がおこっても対応できるように最善の準備をします。早速、呼吸器も同型のものを取り寄せます」と手厚いサポート体制を用意してくれたのには、とても感激しました。また、授業は専攻の学生が少なかったこともあり、多くの授業で先生が私たちの控え室に出向いてくれました。週2日の通学、5回の夏季集中講座、Eメールを通じて指導教員らと意見交換が私の学びの環境でした。修士論文は、「ALS患者自身ができることを見出すきっかけと促進要因」。ALS療養者70名へのメールによるアンケートを実施し、社会と積極的にかかわることでALS療養者もさまざまな役割を担えるということを実証できました。「患者自身による初めての研究で意味深い」と「健康科学研究科特別賞」をいただき、厚生労働省QOL向上班などで発表して、引き続き大忙しです。
ご指導、応援いただいた皆様に感謝です。


  ▲このページのトップへ

 
 | 研究科紹介 | 看護学専攻 | 看護学専攻 入学試験 | 保健福祉学専攻 | 保健福祉学専攻 入学試験 | 資料請求 | 東海大学健康科学部 |
 | お問い合わせ | アクセスマップ | ご利用案内 | リンク | サイトマップ |
 東海大学大学院 健康科学研究科 伊勢原キャンパス 〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143 Tel.0463-93-1121(代)
Copyright (C)Tokai University, Graduate School of Health Sciences.