東海大学大学院 健康科学研究科 保健福祉学専攻

TOP お問い合わせ アクセスマップ ご利用案内 リンク サイトマップ
研究科紹介

ご案内
専攻紹介
カリキュラム
教員紹介
教員の社会活動
学費・奨学金
修了後の進路
最近の修士論文テーマ

入試情報
入学試験
資料請求

Voice
在学生からのメッセージ
修了生からのメッセージ

看護学専攻

東海大学 健康科学部


社会福祉学専攻 在学生からのメッセージ

  保健福祉学科 帯

私は、病院でメディカルソーシャルワーカー(以下MSW)として働きながら、大学院へ入学しました。私が大学院への入学を決めたきっかけは、実践に対する小さな疑問からでした。MSWという職業に憧れ、大きな期待を胸にいざ現場へ行くと、そこは理想とはかけ離れた「現実」が待っていました。退院調整ばかりの毎日、在院日数との戦いで、「これがMSWの支援なのか?」と感じ始めたのです。その頃の私は、疑問を抱くばかりで、そこからどう考え、どう行動するかという根拠や基盤がありませんでした。「何か変えなければ、先に進めない!」と感じ、思い切って大学院への入学を決めたのです。社会人として働きながらの通学は、楽ではありません。しかし、自分の実践と学問が相互に裏付けられていくという作業は、毎日が新しい発見に溢れていて、MSWとして大きな飛躍となりました。大学院では、基盤となる理論や学問を学び、研究をしていくなかで、実践で感じていた疑問を、自らの仮説として実証していきたいと考えています。そして、今後もこの経験を基に、MSWとしての役割をきちんと果たせる、真の専門職になれるよう日々努力していきたいと思っています。(Y・O)

保健福祉学科 帯

私は大学院に入学する前の2年間、介護福祉士養成校に通い介護福祉士資格を取得しました。それ以前は、福祉を学んだことはもちろん、関心を持った事もありませんでした。今にして思えば、思いがけず幾つかの偶然が重なり福祉の世界に入ることになりました。このような始まりではありましたが、福祉を学ぶにつけ、さらに学びを深める必要があると強く感じ始めました。これが、大学院進学を決めた理由の一つです。大学院での学びは想像をはるかに越える深いものであり、進学という選択は間違っていなかったと思う毎日です。社会人である私がとりわけ実感するのは、「学ぶ」ということの楽しさです。厳しさや苦しさを多分に伴った楽しさですが、それは何物にも変え難い喜びも与えてくれます。学びが当たり前であった学生の時には味わえなかった感情でした。ここに、強いられて学ぶことと自ら望んで学ぶことの大きな違いがあるのかも知れません。大学院とは、望めば望むほど大きな学びを与えてくれる場所なのだと思います。
最後にもう一つ、大学院での学びから得た大きな意義があります。それは、良くも悪くも常に自分の限界を知らされる、ということです。講義での発言、レポート作成、研究への取り組みは、自分と向き合わされる作業でもあります。この作業により、自分の眼前に無限に広がる知識の世界に心が躍る一方、自分の浅さ、小ささ、限界も思い知らされます。そして、それこそが大切なことなのだと思います。そこから、客観性や謙虚さ、学びへの姿勢が生まれるからです。これは、福祉職として現場に出た時にも活きる事でしょう。純粋な学問の場であることはもちろん、このように成長や研鑽の場にもなり得るのが大学院だと私は考えています。(S・S)

保健祉学科 帯

私が、大学院進学を意識したきっかけは、大学3年時に行わせていただいた障害児の通園施設での実習がきっかけでした。私は、その実習を通して、障害をもつ子を幸せにするためには、障害をもつ子とその母親だけではなく、家族全体を幸せにしなければならないと感じました。私が家族支援の中で、特に関心を持ったのは、障害児のきょうだいと母親の関係性についてでした。ですが、私の大学では、そういった類の講義はなかったので、私は大学で十分に障害児の家族への支援についてを学ぶことができないと感じていました。そこで、私は障害について、そして、きょうだいへの支援についてもっと知りたいと思い、大学卒業と同時に大学院に進学することを選択しました。私は、大学院に入学したことで、医療・高齢・児童・障害・国際といった様々な分野における最新の福祉の動向を知ることができ、研究に必要な研究方法や論文構成など大学時代では知ることができなかった様々な知識を得ることができました。私は、個々の講義で得た技術や知識を活用し、私自身の研究テーマである障害児のきょうだいや障害児への支援について研究をしていきたいと考えています。(S・E)

保健福祉学科 帯

私が、大学院に進学するきっかけとなったのは学部時代に参加したアメリカ研修です。アメリカ研修では、高齢者施設・精神障害者施設・児童施設・ホスピス・病院などの施設見学や、講義を受けることで、アメリカの社会福祉のあり方を幅広く学ぶ事ができました。しかし、当時の私には、アメリカの制度が日本に比べ優れているのか、優れていないのか、などは全くわかりませんでした。それは、自分が日本の福祉を知らないからであり、もっと日本のことを勉強してからアメリカ研修に参加していればアメリカの福祉について学びながら、日本の福祉との比較ができたと思います。そのため、アメリカ研修で学んだ事を無駄にしないためにも、日本の福祉についてもっと学ばなくてはならないと思いました。そこで、大学院に進み、もっと勉強することに決めました。早く現場にでて経験することで、学ぶことはたくさんあると思いますが、座学を大事にし知識をつけなければ、現場に出ても深く理解することはできないのではないかと私は考えています。大学院では、分かりやすく丁寧に指導してくださる先生方や先輩、切磋琢磨し合える仲間たちに支えられ、とても充実した学習ができています。今後は、自分の研究内容をさらに深めるための修士論文作成に向け、努力していきたいと考えています。(R・Y)

保健福祉学科 帯

私は、大学を卒業後、大学時代にゼミでお世話になった先生から紹介をいただき、そのまま大学院に進学しました。将来、医療ソーシャルワーカーを目指しているのですが、卒業した大学では、医療福祉の専門の先生がいなかったことや、病院での実習がなかったので、多く学んでいきたいと考えています。大学院では病院での実習を行い、実習先をフィールドとして、修士論文に取り組ませていただくことになっています。大学では、学べなかったこと、新たな学びを得ることができ、社会に出たときに活かしていきたいと考えています。(M・K)

保健福祉学科 帯

私は東海大学の社会福祉学科を卒業し、この大学院に入学しました。学部の時の授業は、国家試験のための授業という印象もあったのですが、大学院の授業は学部の授業とはまったく違うものでした。いろんな分野の物事を多角的に考えることができるような視点を、たくさん与えてもらいました。また、一年生の夏にはスウェーデンで開催された「ソーシャルワーク及び社会開発合同世界会議2012」に数名の院生と参加することができました。参加するきっかけは教授たちの温かい言葉でした。自分たちで計画して参加した会議でしたが、世界ではどのように福祉が議論されているのか、今後どのような課題を抱えているのかなどたくさんの発見をもらいました。何よりも世界に同じ分野で同じようなことを真剣に考えている人がたくさんいるということがすごく自分を勇気付けました。このようにいろいろな経験や発見ができる大学院に入学できて良かったと思います。(A・N)


  ▲このページのトップへ

 
 | 研究科紹介 | 看護学専攻 | 看護学専攻 入学試験 | 保健福祉学専攻 | 保健福祉学専攻 入学試験 | 資料請求 | 東海大学健康科学部 |
 | お問い合わせ | アクセスマップ | ご利用案内 | リンク | サイトマップ |
 東海大学大学院 健康科学研究科 伊勢原キャンパス 〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143 Tel.0463-93-1121(代)
Copyright (C)Tokai University, Graduate School of Health Sciences.